京葉流通倉庫株式会社

物流センター運営

サプライチェーンの複雑化・高度化が進むなかで、物流センターの戦略的なアウトソーシングと業務効率化が改めて問われています。
京葉流通倉庫は、関東近郊に20拠点の物流センターを保有し、さまざまな業種・業態のお客様に、最適な物流センター機能を提供してきました。
これらの経験とノウハウを生かし、お客様の物流計画の成功をサポートします。

多様な物流ニーズに柔軟に対応

物流コストの削減、カスタマーサービスの向上、環境対策など、お客様が抱えるさまざまな課題に対し、施設や設備、マンパワーを効率よく組み合わせて、最適な物流センター機能をご提供しています。
適切な保管施設の確保、少量多品種の在庫管理、物量波動の吸収など、単なる保管荷役業務にとどまらず、ほかのサービスと組み合わせた総合物流を実現しています。

主な物流提案

  • 商圏とボリュームにマッチした施設のご提案・ご提供
  • 定温倉庫、危険物倉庫など、商品ごとに最適な施設のご提供
  • 同じカテゴリーのお客様との「共同物流」のご提案
  • 物流データの分析および改善提案
  • トータルロジスティクスシステムの立案・ご提供

実績分野

<メーカー系>

・化学品/化成品 ・出版 ・アパレル ・食品 ・日用品 ほか

<流通系>

・スーパーマーケット ・コンビニエンスストア ・ホームセンター ほか

商流と物流をシームレスに連携

物流センター内に受注センターを設置。物流センターでお預かりしている商品の受注機能を、お客様に代わってお引き受けしています。お客様は「製造」「販売」のコアビジネスに集中していただけます。

受注業務代行

当社スタッフが受注センターでカスタマーからの電話・FAX・Webなどによるオーダーを直接受け、受注データを作成します。受注データは出荷指示データとして、物流センターシステムに引き継がれます。

<受注業務代行によるメリット>

  • アウトソーシングによるコスト削減
  • 受注から出荷までのリードタイム短縮

効率的な物流センター運営の追求

さまざまな物流機器や作業支援システムの積極的な導入により、保管スペースの効率的な運用と、精度の高い入出庫作業・在庫管理を実現しています。
また、物流センターのさらなる進化を目指し、在庫ロケーション・人員配置・マテハン機器の配置などの最適化をサポートする物流シミュレーションソフト「RaLC」の活用にも取り組んでいます。

主な導入設備・システム

  • 電動式移動棚・パレットラック・ラックフォークリフト
  • 自動仕分け機・デジタルピッキングシステム・ピッキングカート
  • 無線LANシステム・デジタルアソートシステム
ラックフォークリフト
ラックフォークリフト
自動仕分け機
自動仕分け機

ページTOPへ