京葉流通倉庫株式会社

仕事を知る 社員が語る、私たちの仕事のやりがい

一歩先の提案をすることで、お客様の理想をカタチにする 営業:佐々木 幸 2005年入社 人文学部卒 営業本部 開発・企画グループ

Profile:「生活を支えている物流」に興味を持ち、京葉流通倉庫に入社。決め手となったのは、箱守社長の「大きい会社にするつもりはない。『強い会社』にしたい」という一言だった。持ち前の誠実さと前向きな姿勢で、社内外からの信頼も厚い。開発・企画グループは、「さまざまな業界の方たちとお会いできることが魅力の一つ」と言う。

現在の業務内容は?

主に出版社様をターゲットにした営業活動を担当しています。営業担当者の役割は、お客様の「もっとこうしたい」「こんなことができないだろうか」というお悩みや希望をお聞きし、解決策を提案すること。さらに、実際に業務を担当する現場スタッフにお客様のリクエストを伝え、一緒になってより良い策を練り、お客様に “一歩先の提案”をすること──その上で、お客様にとって最適な業務フローを組み上げることも、物流営業担当者の仕事の一つです。

佐々木 幸の写真

これまでに心に残ったエピソードは?

営業本部に配属されて間もない頃のことでした。倉庫移管を検討中の出版社様がおられ、ぜひとも力になりたいと思った私は、さっそくアプローチを開始しました。「出版物流の大型拠点」という武器を利用して、共同物流による効率化や物流品質の向上が図れることを積極的にアピール。また、細かいご要望やお困りの部分まで親身にヒアリングし、些細なことでも業務フローを提案するなど、半年間かけて地道に訪問を続けました。その後、一度は倉庫移管の話が白紙に戻ったのですが、一年後に「やはり京葉さんにお願いしたい」と声をかけていただくことができました。この時は、何とも言えず嬉しかったですね。物流の営業は、すぐに結果が出るわけではありませんが、「お客様のためを思って行動し続ければ、きっと何かにつながる」と信じて言葉を重ね、何でも気軽にご相談いただけるように心がけています。

仕事のやりがい、今後の抱負は?

お客様の業界は、出版、食品、日用品、化成品など、多岐にわたります。仕事を任せられる範囲が広い分、幅広く深い知識や考え方が求められますが、自分の取り組み次第で仕事はいくらでも広がっていくことにやりがいを感じています。将来的には、出版物流にとどまらず、他の業界のお客様の業務内容や物の流れをもっと熟知し、経験の場を広げていきたいと思います。もちろん、日々の勉強も大切ですので、今は「ロジスティクス管理士」の資格取得を目指し、日々勉強しているところです。

佐々木の一カ月

第1週

新規出版社に飛び込みで営業。営業担当者には、地道な努力が欠かせない。その場で契約ということはないが、初回訪問後も連絡や訪問を重ねることで、商談が進むことも。まずは「社名を売ること」「つながりを作ること」を第1の目的に、地道に訪問を続ける。

第2~3週

既存のお客様を訪問。常にお客様にとってベストな状態をご提供できるよう、仕事をご発注いただいた後も足繁く訪問して、時には業務改善、時には受託業務の拡大について意見交換する。

第4週

かねてから営業していた新規出版社様から、「ぜひともお願いしたい」と連絡をいただく。営業担当者にとって至福の瞬間だ。ただし、物流会社の営業の仕事はここからが二つ目の本番。お客様や社内の協力を得て、新規業務をスムーズに立ち上げて初めて営業の仕事が完結したと言える。そのため、まだまだ気が抜けない。やることはたくさんあるのだ。

ページTOPへ